色違いのミッフィーの正体は?覚えておきたいミッフィーの仲間たち

色違いのミッフィーの正体は?覚えておきたいミッフィーの仲間たち絵本
記事内に広告が含まれています。
スポンサーリンク

ミッフィーの仲間たち

ミッフィーといえば、日本では知らない人がいないほど、大人気のキャラクターですよね。

誰もが白くて、お口が×になっているウサギの姿を思い浮かべることと思います。

そんなに知名度の高いミッフィーでも、不思議なことに、絵本に登場するほかの仲間たちについては、あまりよく知らないという方も多いのではないでしょうか?

 

 

ことこと
ことこと

ミッフィーの色違いみたいな茶色いウサギや、クマやブタもいるみたいだけど、いつ登場するの?

 

ミッフィーの絵本は、1冊1冊は正方形のコンパクトなサイズですが、シリーズは非常に長く、網羅するのは簡単ではありません。

「ミッフィーシリーズ」としての分類ではなく、生みの親である「ブルーナの絵本」として広く括られることが多く、その数は120冊以上もあります!

 

ことこと
ことこと

そんなに読めない・・・。買わずに借りるとしても、結構な労力ですよね。

 

この記事では、ミッフィーの絵本に登場するキャラクターと、登場する絵本についてご紹介していくので、名前や性格をサクッと知りたい方は、参考にしてみてくださいね。

 

スポンサーリンク

メラニー

まずご紹介するのは、ガチャガチャやグッズでもよく目にする、ミッフィーとよく一緒にいる茶色いウサギ、通称「色違いミッフィー」です!

ミッフィーにも「ミッフィー」と「うさこちゃん」のふたつの名前があるように、彼女にも「メラニー」と「にーなちゃん」というふたつの名前があります。

 

 

メラニーは『うさこちゃんとにーなちゃん』に登場し、ミッフィーの友達として、外国に住んでいるため手紙のやり取りをしていました。

ある日、メラニーはミッフィーの家まで、飛行機で遊びに来てくれることになり、二人はお茶やボール遊びなどで、楽しい時間を過ごします。

ミッフィーはメラニーの茶色い身体を変に思うことはなく、「きれい」など肯定的にとらえ、羨ましがるほどでした。

絵本の中で、メラニーの身体の色が茶色である理由は、ミッフィーとは違う国に住んでいるという事実に留められ、明確には触れられていません。

しかし、人間社会の人種の問題が投影されているのは明らかです。

 

ことこと
ことこと

他人との違いから目を背けるのではなく、まっすぐに受け止めて肯定できるミッフィーの姿勢には、考えさせられるものがありますね。

 

ダーン

メラニーに次いでよく見かけるウサギのキャラクターは、白くて右耳が垂れている「ダーン」ではないでしょうか?

「ダーン」は『うさこちゃんとたれみみくん』に登場する、男の子のキャラクターです。

 

 

ダーンの特徴は、やはり「たれみみ」なところにあり、ミッフィーのクラスメイトからは「たれみみくん」と呼ばれていました。

ダーンは、本名ではなくあだ名の「たれみみくん」と呼ばれることを、決してうれしくは思っていなさそうですが、受け入れてしまっている節があります。

 

ことこと
ことこと

身体の特徴に限らず、最近の日本でも、あだ名やニックネームで呼ぶことが問題視されるようになってきましたよね。

 

そんなダーンの姿を見て、ミッフィーは勇気を出して、ダーンをほんとうの名前で呼ぼうとクラスメイト達に呼びかけていきます。

みんなが良しとしていることに異を唱えることは、かなり勇気がいることなので、ミッフィーの行動にはハッとさせられますよね。

 

スナッフィー

ミッフィーシリーズにでてくる、茶色いたれ耳の犬の名前は、「スナッフィー」(「くんくん」)です。

スナッフィーが初めて出てくるのは『こいぬのくんくん』で、得意の嗅覚で迷子の女の子を見つけます。

 

 

スナッフィーは『くんくんとかじ』、『くんくんにこいぬがうまれたよ』にも登場します。

火事のおはなしでは、勇敢な姿をみせるスナッフィーが、実は雌犬でお母さんになるというのは驚きですね!

 

ボリス&バーバラ

ふたりで寄り添うように描かれていることが多い茶色いクマは、男の子の「ボリス」と女の子の「バーバラ」です。

鼻の周りにそばかすのある方が、ボリスのガールフレンド「バーバラ」ですね。

 

 

先にミッフィーのお話に登場するのはボリスで、ボリスが主人公のお話は『くまのぼりす』や『ぼりす そらをとぶ』など数冊あります。

傘で空を飛んでみたり、そりあそびでひっくり返ってしまうやんちゃなボリスと、しっかり者のバーバラはお似合いのカップルで、恋人関係にあることから、ミッフィーよりも少し年上なのかもしれませんね。

『ボリスとバーバラのあかちゃん』では、ふたりがもしも赤ちゃんができたらと想像する様子が描かれていますよ。

 

ポピーとグランティ

最後にご紹介するのは、ブタの「ポピー」(「うたこさん」)と「グランティ」(「ふがこちゃん」)です。

 

 

親子のように見えるポピーとグランティは、実は親戚同士で、グランティはポピーの姪にあたります。

ポピーは『ぶたのうたこさん』や『うたこさんのにわしごと』、『うたこさんのおかいもの』に登場します。

家事やお庭の手入れを大事にするポピーは、とても家庭的であたたかみのあるキャラクターで、グランティに慕われています。

 

まとめ

この記事では、ミッフィーの絵本に出てくるキャラクターについてご紹介しました。

ミッフィーグッズは、赤ちゃんグッズから大人用の雑貨まで、町中にあふれているので、仲間たちの名前を覚えておくと、会話が盛り上がること間違いなしですよ!

 

ことこと
ことこと

肌の色や障がいなど、ブルーナが意識していたことが反映されたキャラクターもいて、ミッフィーの絵本全体に流れる温かい世界観に非常にマッチしていましたね。

 

下記の記事では、ミッフィーになぜふたつの名前があるのかや、絵本に使われている「ブルーナカラー」について解説しているので、興味がある方はぜひ読んでみてくださいね。

 

タイトルとURLをコピーしました